COMPANY 会社情報

  • 会社名

    株式会社VORTEX (カブシキガイシャ ボルテックス)

  • 設立

    2010年5月

  • 代表取締役

    林 健二

  • 本社

    〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-7 第三岩月ビル9F

  • 電話番号

    03-6311-8135

  • 主要取引先

    アウディジャパン株式会社
    カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
    株式会社Tポイントジャパン
    株式会社クラブネッツ
    GMOフィナンシャルゲート株式会社
    フォルクスワーゲングループジャパン株式会社
    ベリトランス株式会社
    三井住友カード株式会社
    他多数(五十音順)

  • 関連子会社

    ストアーフォーマー株式会社
    http://storeformer.com

  • VISA INTERNATIONAL ACQUIRING AGENT 三井住友カード株式会社登録番号

    80000200 2013年3月取得

  • Tポイント一次代理店

    2011年10月認定

MESSAGE from VORTEX 代表ご挨拶

私が子供の頃…。
バブル経済崩壊後の90年代、00年代の日本経済は、日本製商品の価格、性能等の優位性が非常に高く、
日本企業が世界で躍進するニュースを見ては、それを誇らしく思っていたことを記憶しております。
それから、十数年経過し、
日本国内は人口減少に伴う労働力不足、高齢者問題等様々な問題が起こっている一方、
隣国中国では13億人の内需をバックグラウンドに、急成長した企業が、海外攻勢をかけてきている、
まさに激動のグローバル競争時代です。

現在十年前と対比した名目GDP成長率は
アメリカ+34%、中国+338%、そして日本は-0.4%です。
あくまで数値上ですが、日本はこの十年で世界の資本経済から取り残された、
非常に厳しい状態に置かれていると考えております。
そこで経済を活性化するには、
当社は資本経済の根幹はお金であり、 [ お金=経済の血 ]であると考えております。
昨今現金離れが急速にすすんでおり、 当社は様々な [ 消費とITの融合 ][ ボー ダレスな消費環境 ]の構築に参与し、
この血を循環させる [ 量 ]と [ 速度 ]の更なる促進に努めていく事で、
十年後の成長結果に少なからず貢献できると考えております。

直近では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、
海外からの旅行者の増加により、本格的なキャッシュレス多様化社会が到来します。
インバウンド消費や地方創生等も促進させる、最新の加盟店ソリューションの提供を通し、
お客様に感動して頂けるサービスに注力して参ります。
そして、事業を通じ [ これからの未来を豊かにする事 ]、
未来の子供達が [ 誇らしく感じてもらえる社会 ]に
微力ではございますが、寄与貢献できればと願っております。

ACCESS アクセス